09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

日本国際歯科大会 in YOKOHAMA

2014/10/14
こんにちは.
ブログ2度目の登板,たるみ歯科クリニック副院長のサカシタです.

この連休は日本国際歯科大会に参加するためメンバー10人で横浜に行ってきました.
このため10/11(土)を休診とさせていただき,ご迷惑をおかけしてすみませんでした.

日本国際歯科大会は金土日の3日間で何万人もの歯科関係者が集まる大きな会で,
会場のパシフィコ横浜では何十題もの演目が準備されていました.
その中からメンバーそれぞれがこれだと思う講演をいくつか選び,
自分でスケジュールを組んで,たっぷりしっかり聴いてきました,
普段からお世話になっているヘルスケアの先生方だけでなく,昔の仲間たちとの再会もあり,
とても有意義な2日間でした.

僕も「小児歯科」「矯正」「歯周病」「神経の治療」「医院のシステム作り」などなど
たくさんの講演を聴きましたが,その中でも特に心に残っているのが,
「Professional Dentistry (プロの歯科医師として)」
です.その講演の中で講師の先生は,

プロとして仕事をするうえで必要なことは
「仕事に責任をもって取り組み,なおかつ結果を出すこと.」
「言い訳をしないこと.」
「やり遂げた仕事に対して正当な報酬をもらうこと.」
「そしてその過程で人に感動を与えること.」
であると言われていました.さらに,
「アマチュアは自分のために行動し,プロは人のために仕事をする.」
とも言われていました.

院長も横浜のブログで「仕事観」について書いていますが,
僕らはプロとして仕事をしている以上,これは常に意識しなければならないことです.

そもそもたるみの医院理念は,
「私たちは,親切・丁寧で安心できる歯科医療を人々に提供し,
笑顔あふれる健康な社会作りに貢献いたします.
そのため当院では,ひとりひとりが歯科医療に携わるプロとして,
常に真摯に,高い志と向上心を持って,自ら学び・考え・行動いたします.」
です.

僕らはプロとして治療をし,衛生士はプロとして予防をし,
技工士はプロとしてモノを作り,そして受付はプロとして患者さんに応対する.
職種は違えどみんなが医院理念に従って自律的に行動することで,
僕らはもっともっと成長できるはずです.
そのことがしっかり理解できれば,院長の横浜ブログを読んでも凹むことはないやろうし,
それどころか「よしやるぞ!」って思えるはずです.みんなそういうメンバーだと信じています.

長々と語ってしまいました.

そんなこんなで金曜の診療後から深夜に横浜に移動後,
味わいのあるホテル(民宿)に宿泊し,
途中横浜グルメやコスモワールドで息抜きしつつも,
2日間みっちりきっちり勉強して,
台風にも襲われずに無事に帰ってきました.
疲れたけど楽しかったぁ.

我らがタイガースもCSファイナルへと一気に(!?)駆け抜けたし,
僕らも原点に帰ってまた明日からの診療に臨みたいと思います.

プロとして.


サカシタでした.

1413210982325-2.jpg
00:15 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |